ダイエットの基礎知識

SNS友達の投稿の中に、ダイエットの話題が複数人いらしたので、私も少しコメントを…

フジテレビ「スカッとジャパン」で「リコピン(須田亜香里さん)」もおっしゃっているように、体重や体脂肪率の増減は、基本的にカロリーの摂取・消費に関わっています。

(※お金と同じです)

また、以下のようなカラクリがあることも覚えておきましょう。

●摂取したカロリー…翌日に結果が出る
●消費したカロリー…2~3日後に結果が出る


今はさすがにもういないと思いますが、お腹の肉を減らすために腹筋運動をするというのは古典的な勘違いです。肝心なのは有酸素運動です。それは激しくて短い時間よりも、ゆるくて長い時間の方が、脂肪燃焼に効果的です。

(※私は今週月・火曜日の歩き通しの結果が、今日あたりスンゴイです♪)

添付のグラフのように、体重減少にブレーキをかけるホメオスタシス(恒常性の維持)をだましながら、理想の体重値に辿り着いた時には、それを約1ヶ月間維持しましょう。そうすれば、その体重値にカギがかかり、たまに無茶な飲食をしても、すぐに平常に戻ります。これもホメオスタシスのはたらきです。

(※グラフは私の個人情報で、獨協医科大学の内分泌代謝内科でも、有効活用していただきました・笑)

Graph03030308
ちなみに私の得意な有酸素運動は、ウォーキング? エアロバイク? ノンノン、実はエアライヴ(ライヴ会場のヴォーカリスト・ギタリスト・観客等の動きを、DVDを観ながら実行)です♪

さぁ、皆さんも引き続き、ガンバってちょーだいませませ♪
(by さだまさしさん)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライヴで肝心なのは付加価値

いくら音楽ライヴであっても、ただ演奏するだけでは、お互いに何の面白味も無いです。ライヴは一つのショウであり、ドラマなのだから。
 
せっかくお客さんが観に来てくれている(※ライヴハウスだったら、お金を払ってくれている)のだから、どういう構成にして、どういう演出をして、どういうMCをしたらお客さんが一番喜んでくれるのか、お客さんを中心に考えないと♪自分のコンディションなど、すでに調整済み。実力を出し切るのは当然のことで、肝心なのはその先の付加価値です。
 
(※この姿勢は30年前から、ずっと一貫しています♪)
 
一番ダイレクトに反応が返ってくるのは、純粋無垢なお子様たち。楽しいと感じたら、駆け寄ってきてくれますが、反対に楽しくなければ、彼らはお世辞すら言ってくれないし、慰めてもくれません。至ってシビアです。
 
(※写真は『2005年宇都宮餃子祭』で、まさに歌ってる最中♪)

Pht200511_15
Pht200511_16
メンバー曰く、ライヴ直後の私の姿は、まるでボロ雑巾だそうです(苦笑)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルーヴを感じること

【1991年11月/法政大学・富士見キャンパス】
Niikon_2

【1993年4月/宇都宮ビッグ・アップル】

Tribute930424


どうやら、バンドのヴォーカルは「緊張をほぐすために動いている」というご意見もあるようですが、決してそうではありません

バンドのプレイヤー達はみな、動いてグルーヴを感じているのです。

緊張がほぐれれば、自然とグルーヴを感じます。

歌なんてのは、そのグルーヴの最中に出来た、副産物にすぎません。

ヴォーカルだけでなく、その他のあらゆる楽器もすべてです。

演奏は後回しにして、体全体でリズムを感じることが先決だと思います。

(※私も30年前から、よく言われてきましたが…苦笑)

例えが伝わるかどうか分かりませんが、ハンマー投げの室伏選手が、投げる前と投げた後も、すごい動きと発声をしていますよね。

●室伏選手のすべての動き…グルーヴ
●室伏選手の投げた瞬間…歌

ヴォーカルは、決して緊張をほぐすために、動いているのではありません

動く理由は十人十色でしょうが、グルーヴのお話は万人共通です。もし、リズムに真摯に向き合うならね。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライヴ・パフォーマンス持論

私はバンドのステージでは、MCが一番の楽しみです♪あれもこれもしゃべり過ぎて、現場の舞台監督から、よく「巻き」が入りますが…(苦笑)

109
でも、MCをやっている時は、他の楽器隊も気を抜かないでと言ってあります。それは私が、突然次の曲のスタートをかけるからです(苦笑)

123
本番では全員が全員、今まさに演奏中のライヴのことなんて頭になく、
「これ終わったら、打ち上げだ~♪早く飲みてぇ~♪」
と、そんなことばかり考えているので、緊張とは無縁です(笑)

153
一般的によく見掛ける、言い逃れの光景ですが、ライヴ本番で絶対に言ってはいけないこと。

「あのぅ、今、すっごく緊張してまして…」
「夕べ、全然眠れなくて…」
「実はMC、何も考えてないんですが…」
「じゃあ、このへんでMCやっときますか…」

これらは客席が一気にシラケます。なぜならば、ライヴはドラマであり、物語だから、演者はみな役者なのです。

(※ちなみに私は幼い頃、ご近所の皆さんに挨拶もできない、暗い少年でした…)

やはり私は、OZAKIのライヴ・パフォーマンスがデフォルトにあるし、学生時代には、それを徹底的に追究してきたので、ライヴ進行には隙は作りたくないし、演奏技術ではプロに敵わなくても、ウケはプロに負けないつもりでいます。

184
私達のライヴを観てくださるお客さんは、私達のファンでもないのにウケたりすると、それはこの上ない歓喜となり、さらにボルテージは上がりますから ♪

198
無名のアマチュアだけに、こちらだけ空回りして、シラケられることもありますが、それはそれで修行となり、糧となります。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の将来の夢

7a0b1211063220bd90c8df130302a40f640
私の最後の将来の夢は老人ホームで、

介護士A「また、近藤のお爺ちゃんは、朝から『スター・ウォーズ』観てるわ…1からXまで通してだって…」
介護士B「そろそろ食事の時間なのにネ…」
介護士A「あら、私、嫌よ!呼びに行ったら、ジャマするなってどやされるから!」
介護士B「えぇ!?私も嫌だわ!」

というメンドクサイお爺ちゃんになって、

介護士C「キャー!誰か来てー!近藤のお爺ちゃんが、SW観て、笑いながら亡くなってる!」

という結末を迎えるのです♪何とありがたい最期でしょうか♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Never, never, give up!

一生に一度でいいから、かねてから一緒に飲んでみたい方々、ベスト3は…


●大滝秀治さん(87歳ご逝去)
Hideji_otaki


●財津一郎さん(83歳)
Ichiroh_zaitsu


●伊東四朗さん(80歳)
Shiroh_itoh


残念ながら、大滝さんは5年前に、叶わぬ夢となってしまいましたが…(涙)

財津さんと伊東さんは、まだまだあきらめんぞ~!(力)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【号外】要注意人物「市川花帆代」さん

怪しい要注意人物「市川花帆代」さんです。
文面に焦りの影が見えています。
騙し方が、まだまだ下手だなぁと思います。
皆さんも、どうか御用心ください。
だいたい相手(私)の文面もよく読んでないし。
やれやれ・・・

Screenshot_20170706_1452

Screenshot_20170706_1956


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラーチャット・セッション/第6回の聴講者募集

Dic
この投稿は、

●普段、色彩に関わっていない方々

も含めて、すべての方々へお知らせするものです。

●連続参加や物品購入等の勧誘・等

はまったく無く、純粋な勉強会ですので、興味本位でも初対面でも大歓迎ですから、お気軽にご参加いただけたら幸いです♪

――――――――――

■カラーチャット・セッション/第6回の聴講者募集■

●主催:日本色彩学会/色彩教材研究会

●開催日:2017年7月23日(日)

●受付開始:13時

●講演:13時30分~17時

●チャット・プログラム
「色の心理的効果」(色彩検定3級)橋本実千代先生
「色の連想と象徴」(色彩検定3級)宮田久美子先生
「色と私」・「一人でもできる三つのプロジェクト解説」永田泰弘先生

●会場:DIC本社2階会議室(東京都中央区日本橋3-7-20/添付写真ご参照)
http://www.dic-global.com/jp/ja/about/establishment/headoffice.html

●参加費:1,000円

●定員:先着50名

●配付資料CD:教材として使えるデータ

●聴講参加申込方法:色彩教材研究会及び日本色彩学会の会員区分(会員・非会員)、氏名、連絡先、終了後の懇親会への参加の可否を明記の上、7月15日(土)までに色彩教材研究会主査:永田(nagataya@jcom.zaq.ne.jp)まで「第6回カラーチャットセッション参加申込」と明記してe-mailでお申込みください。

――――――――――

以上、どうぞよろしくお願いいたします。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野光洋/サンセットライブ in 豊橋

中部地方の方々、「ウルトラマンA」(1972作品)のTAC:吉村隊員のライヴですよ♪

さぁ、みんなで観ようね♪
(※瑳川哲朗さんのモノマネで)

――――――――――

Live170715
■佐野光洋/サンセットライブ in 豊橋■

●日程:7月15日(土)
●時間:16~18時(開場:15時15分)
●会場:天水(http://ten-sui.jp/
●住所:愛知県豊橋市福岡町42
●電話:0532-38-9055
●金額:6800円(ワンプレート&ドリンク付き)

(※お車でお越しの方は、あらかじめご連絡ください)

●ご予約方法:次のいずれかにお願いいたします。

03-3205-7524(スナック『歩ッ歩(ぽっぽ)』…18時以降)
090-6315-2672(佐野光洋/吉村隊員直通です!
ultra1972tac-sano@ezweb.ne.jp(佐野光洋/吉村隊員直通です!

折り返し、送金方法、チケット送付について、ご連絡いたします。

――――――――――

本公演に関して、私はフライヤー(チラシ)とチケットのデザインを担当させていただきましたが、これらの構図は珍しく自分でも気に入っています♪

Demoticket170715b
3月18日(土)の夜、スタッフやキャストの皆さんと打ち合わせた翌早朝、突然降りてきて…

まず、ひねった姿勢の佐野さんといづみさんを両端に置くことが大前提で、続いて真っ直ぐな姿勢の美佳さんと田島さんを並べた後、さて、ひねり過ぎている姿勢の奥田さんをどうしようかと思う瞬間もないまま、

「あそこしかない!」

と、まるでジグソーパズルが組み上がるかのようでした。

(※この度は写真に助けられました…)

また、背景の素材は普通の青空でしたが、それをグニャーと引き延ばして、雲を追加したり、色相を「青→赤」に変えたお手製です♪

さぁ、みんなで観ようね♪
(※瑳川哲朗さんのモノマネで)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤鬼と青鬼、一堂に会す

4月から始めたベースの自主トレに合流して、実に2年半振りにギターを弾いてみました。

そんなにギターをお休みしていたのは、鬱病でぶっ倒れていたからです。(※完治したわけではありません。人生棄てたら比較的楽になっただけです)

Dsc_2751_4
ベースとギターは、それぞれ「赤鬼」「青鬼」と呼んでいますが、こんなに身長差があるんですネ。ちょうど、頭一つ分くらいです。

(※ギターのつもりで、ベースを背負って歩いていると、各所の敷居でぶつけてしまいます…苦笑)

Dsc_2756
Dsc_2757
ところで、楽器の周辺機器を入れた袋に、一緒に入っていたこのパンツは!?

Dsc_2752
履いてみると…なるほど、ステージ演奏用のスリム・スパッツでしたネ♪

Dsc_2754
これとコーディネートするハーフ・ブーツも、確かあったと思うべな♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«道徳番組の歌