« シネマ棚卸110826 | トップページ | 重複言葉 »

途絶えなかったロックフェス

みなさん、こんにちは。今日は震災170日目です。
 
【計画停電実施】
無し(第3グループA)
 
【宇都宮の今日午前8時現在の放射能測定値(地上50センチ)】
0.10マイクロシーベルト/時(平常時の上限0.067)
[ご参考:胸部レントゲンは瞬間で60マイクロシーベルト]
 
【松田新田浄水場(鬼怒川)の前日午前8時半現在の放射能水準調査値】
放射性ヨウ素…検出されず(暫定指標値300、乳児暫定規制値100、平常時約10)
放射性セシウム…検出されず(暫定指標値200、平常時約10)
 
今では、国内のそこかしこで行われている「フェスティバル形式」のライブイベントで、多くの方が楽しんでおられますが、国内初のイベントだったのが、かの「スーパーロック '84」。
 
当時の海外での「モンスターズ・オブ・ロック」等をお手本に、全国4ヶ所で開催されたのですが、その出演者は、
 
●アンヴィル
●ボン・ジョヴィ(当時、新人!)
●スコーピオンズ
●ザ・マイケル・シェンカー・グループ
●ホワイトスネイク

 
という夢のような組み合わせで、13〜21時頃まで、炎天下で拳を振りまくっていましたネ。ちなみに私は弟と、今は無き名古屋球場で観ました。
 
当時、ボン・ジョヴィはレパートリーがアルバム1枚分(全9曲)しかありませんでしたが、比較的ポップなだけに、予備知識が無いほとんどのお客さん達にもウケてしまったものだから、アンコールで「ランナウェイ」をもう一度演奏することに(笑)。
 
8月上旬でしたから、やはり暑くて暑くて、1杯500円のドリンクを、1バンド終わるごとに飲んでいましたネ(苦笑)。
 
何しろ前例が無いこの時は、周辺から苦情の嵐だったため、翌年は東京公演だけに縮小され、翌々年は立ち消えとなってしまいました。
 
しかしながら、やがてはインフラの整った会場が増えると同時に、イベント自体も質・量とも確立されていきました。本当に喜ばしいことです。
 
あれから数々のフェスティバルに顔を出しましたが、10年前、慧さんと行った富士急ハイランドでのジャパメタ・フェスティバルもサイコーだったナァ。

|

« シネマ棚卸110826 | トップページ | 重複言葉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221341/52578836

この記事へのトラックバック一覧です: 途絶えなかったロックフェス:

« シネマ棚卸110826 | トップページ | 重複言葉 »