« つくづく好きな音楽 | トップページ | 3回目はチームで »

御大達の動向

既にご存知の方もおられるでしょうが、ジューダス・プリーストやスコーピオンズが、活動終了に向けて、最後のワールドツアーを廻っています。
 
このうち、ジューダス・プリーストのチケットはゲットしたのですが、何と長年グレン・ティプトンとツインリードギターを組んでいた、K.K.ダウニングがツアー前に脱退!(悲)今は誰が弾いてるんだろう?
 
そしてスコーピオンズは、今年2月に来日予定だったのですが、
 
●バンド側は、LED画面とそれを扱えるエンジニアを、ツアー先の各国に要請
●日本のイベンターがそれに対応出来ず、日本公演はお流れ
 
親日家であるスコーピオンズが、最後の最後で日本を見限ってしまうのか!?(残念)
 
そう言えばアイアン・メイデンは、今年の3/12にさいたまスーパーアリーナで観るはずだったのに、先の大震災で急遽中止。計算によれば、あと1枚のアルバムリリースで彼らも活動終了のはず。果たして、最後の勇姿は観られるのだろうか?
 
かのマイケル・シェンカーは相変わらずアルバムをリリースして、目下伸び伸びとツアーを展開中で、来年3月に来日予定。この人は引退の匂いを感じさせないナァ。昨年のワールドツアー(30年前の1st&2nd中心のセットリスト)がバカウケして、すっかり気を良くしたみたいです。
 
普段歳をあまり気にしない私が、歳を感じるのは、青春時代の思い出&今でも現役のアーティストが、引退や他界によって、徐々にフェイドアウトしていく場面。好きだったアーティストが、誰もいなくなってしまったら、もしかしたら私は抜け殻になってしまうかも知れないです(苦笑)。

|

« つくづく好きな音楽 | トップページ | 3回目はチームで »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221341/53428580

この記事へのトラックバック一覧です: 御大達の動向:

« つくづく好きな音楽 | トップページ | 3回目はチームで »