« 奴さん達も大変だネェ | トップページ | 女性Gメンに逮捕される!? »

二人のアニソン #10

去る10/27、「IZUMIKA」公演を、惜しくも前半だけでお暇した私は、沼袋のOrgan Jazz 倶楽部を後にして、勝どきの第一生命ホールへ急行。水木一郎さんと堀江美都子さんのイベント「二人のアニソン #10」を鑑賞するためです。
 
Dsc_2655 
水木アニキの方は、今年の3月に初めてお目見えしたのですが、堀江アネキの方は、何と今回が初めてでした。会場となった第一生命ホールは、イイ感じで狭めで、距離感がグッドでした♪
 
お二方とも、レパートリーは計り知れないほどありますが、この日に自分が望んでいた曲は、「コンバトラーV(1976年)」や「ボルテスV(1977年)」をはじめ、偶然にもすべて網羅されていて、感無量でした♪ しかも、生バンドがバックだというのがこだわり♪
 
水木アニキと堀江アネキの合作で、一番ワクワクするのは、
 
【斗え!忍者キャプター(1976年)】
http://m.youtube.com/watch?v=_G0681vUOVg
 
ベースのうねり方もたまらんです♪ そして、歌詞からして泣けたのが、
 
「立ち上がるなら、手を貸そう
 歩き出すなら、背を押そう
 正義の味方である前に
 君の味方であるために」
 
【東北合神ミライガー(2012年)】
http://m.youtube.com/#/watch?v=QljmViz0W5E
 
さらに持ち歌交換コーナーで、堀江アネキのこの曲を水木アニキが歌った時、ホントに涙が出ました。
 
【グローイング・アップ、『私のあしながおじさん(1990年)』より】
http://m.youtube.com/watch?v=62IyqPseRKU
 
やはり何と言っても、一番の棚ボタはこれを生で聴けたことか!?(笑)
 
【キャンディキャンディ(1976年)】
http://www.youtube.com/watch?v=Gb5gTor1y2A
 
しかも、堀江アネキが12歳の頃にデビューを飾った、この曲まで拝聴できるとは!?
 
【紅三四郎(1969年)】
http://www.youtube.com/watch?v=vzya8RWkjYg
 
いやぁ、延べ2時間45分、しっかりと堪能させていただきました♪ 聞けばこのイベントは、今回で10回目だというじゃないですか。今までどうして気付かなかったのか、誠に惜しい! 次回からはeplusからのお知らせを、マメにチェックしておきましょう♪
 
Dsc_2656 
水木アニキ、堀江アネキ、夢の数々を、本当にどうもありがとうございました♪ また、お会いしましょう!

|

« 奴さん達も大変だネェ | トップページ | 女性Gメンに逮捕される!? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221341/56112186

この記事へのトラックバック一覧です: 二人のアニソン #10:

« 奴さん達も大変だネェ | トップページ | 女性Gメンに逮捕される!? »