« カワイすぎる♪ | トップページ | ギターのクランクイン »

綴音、降臨!

実はこの公演の第一報を耳にした時は、何が起きているのか、さっぱり分かりませんでした。

ピアノ&オルガン奏者のいづみ姐さんと、朗読家の美佳姐さんのタッグによる「IZUMIKA」さん公演第3弾(2013.05.25)を、前半もそこそこに抜け出し、ごひいきメタルバンド公演で汗を流した後に、再び合流した打ち上げ二次会。

【ご参考『地獄を見たなら天下無敵』】
http://rodeo.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-646b.html

美人の姐さん方に、公演を途中で抜け出したことでいじられていると、ふと左横にもう一人、会ったこともない美人が!?

「ん?…美佳姐さんに似てる?…妹さんじゃなければ親戚の人?…まるで女優さんみたいだネ!」

聞くところによれば、木田ゆきのさんというお名前で、ホントに女優さんでした(スイマセン!)。メタルライヴ観戦直後の私は、取り立てて緊張もしないハイテンションのまま、皆さんとの会話でその夜を終えたのでした。

するとその数日後、今度はいづみ姐さんとゆきのさんが、何とジョイントライヴを行うというお知らせが!?(あの時の女の子が!?)しかもすでにユニット名が決まっていて、「綴音(つづりね)」だとのこと。このあたりのネーミングのセンスは、いづみ姐さんの十八番です♪

くどいようですが、私の守備範囲は「童謡からヘヴィメタルまで」。いろんな様式を勉強したくてたまらない耳をしています。ましてや「ピアノ&オルガン+三味線&鼓+尺八」ともなると、一体どんなケミストリーが生まれるのか、想像できません。果たして成立するのかどうかという一抹の不安も?

しかしながら、数々の修羅場をくぐっているいづみ姐さんなら、上手くプロデュースできるという妙な確信もありました。知り合ってからまだ一年数ヶ月ですが、窮地を救っていただいた頼り甲斐というのも感じました。

そんなワケで私は、7/13当日予定されていた、城一夫教授の色彩講義5回分の受講のうち、1回分を急遽お休みして「綴音」さん公演第1弾へと急旋回するのでした。

東京は沼袋にある「Organ Jazz 倶楽部」。思えばこちらを訪ねるのは、通算7回目になるかな。

私はいづみ姐さんがあらかじめ用意してくれた、何とVIP席へ!? ここで顔を合わせる仲間たちは、日常の様々なしがらみから解放してくれて、精神衛生上、非常に助かっております♪

そんな仲間達といじり合いながら、ビールを二杯ほど空け、程なくして始まった当公演。

1曲目はビートルズの「エリナー・リグビー」でしたが、後で言われるまで全然気付けませんでした! インスト(歌なし)で楽器が変わるだけで、こんなに印象が違うんですネ! 官能的な雰囲気が、和楽器によって倍増された気がしました。

(思い返せば、この日の私の一番のツボだったかも!)

ゆきのさんの三味線による独奏は、雅でヨカッタ♪ ご本人によれば、有名なフレーズをメドレーにしたとのこと。また「梅は咲いたか♪ 桜はまだかいな♪…」のお馴染みの歌を、初めて3番まで聞けてヨカッタです! しかも、それぞれの情景の解説付きで♪(笑)

Pic02

この日も、いろいろと勉強になりました。三味線の皮は猫とは限らず、廉価版で犬もあるとか。また、鼓はただ持って打つだけではなく、紐の引っ張り加減で、皮の張り具合を調整しているとか。常に暖めていなくてはならず、ゆきのさんが絶えず息を吹きかけているのも、たいへん印象的でした。

Pic04

「綴音」さんの三人目のメンバー、尺八の世界的な奏者、田中黎山さんの独奏はすさまじかったです! その鬼気迫るイモーショナルさは、尺八界のゲイリー・ムーアか!?と感じさせるほど息を呑みました。触れてはいけない異次元の方のようで、恐れおののいていました…。

Pic05
ゆきのさんは、今回ヴォーカルもこなしたのですが、選曲が何と中島みゆきさんの「糸」!?(どなたの選曲!?苦笑)尺八の雅な音色と着物と女声が相まって、中島さんの楽曲の根深い想いが増幅していました(驚)。

Pic06

いづみ姐さんは、こちらでも久し振りに「ルパン三世 愛のテーマ」を弾いてくれたのですが、今回はより一層Hなサウンドで、もとい(笑)官能的なサウンドで、我々の席でどよめきが起きていましたヨ!(汗)

「ねぇ、ルパ~ン、私、頭の中が真っ白よ~ん。」

Pic03

そしてこの公演のために、いづみ姐さんが書き下ろした「二人語り」というオリジナル曲。この短期間で産み出して、編曲して、リハもやって、本番に臨むなんて、何とかなっちゃうのがスゴイです。しかもこの特異な編成で。せっかく出来たこの作品だけに、CDシングルにするといいのにネ♪

アンコール曲は「上を向いて歩こう」。この曲は一昨年、震災ボランティアのために、両国の路上で弾き語ったことを思い出し、ジワッときました…。

Pic01
Pic07
Pic08
終演後、メンバーの皆さんが集って記念撮影♪ 期待以上だったケミストリーに拍手を♪

Pic09_4
打ち上げの1次会は、恒例の「つぼ八」にて。ライヴ会場から、文字通り「這ってでも行ける」距離です! 今回のメインも鍋かなと思いきや、豚肉の塩・こしょう煮といった感じで、私の好きなベクトルです♪

Pic10

そして私もお言葉に甘えて、ゆきのさんとのメロイック・サインを2ショットで♪(天国のディオ先生、見てるかーい!笑)

Pic11

こちらは打ち上げの2次会で、これまた恒例の「大小原」にて。1次会から応援に駆け付けてくださった、俳優:古谷敏さんを囲んで♪

Pic12

クレイジー・キャッツさんの歌に「毎日こうだと、こりゃ泣けてくる♪」というフレーズがありますが、毎日ではなくとも、沼袋でゴキゲンなライヴを観て、打ち上げて、新宿になだれ込んで、お開き♪…というこの流れが、大好きです♪ ホントに楽しいです♪

【今後の沼袋『Organ Jazz 倶楽部』の訪問予定】
●9/14 IZUMIKAさん (14:00開場、14:30開演)
●11/23 綴音さん (14:00開場、14:30開演)

そうそう、予約しなきゃ♪ いづみ姐さん、私の分も空けといてネ!

|

« カワイすぎる♪ | トップページ | ギターのクランクイン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつも丁寧に書いてくださってありがとうございますvirgo
その人が美人だと、私でなく美佳さんに似ているということね、という突っ込みは置いといてhappy02本当にわざわざ泊まりでいらしてくださって、いつも感激です。近藤さんのライブに行かないとバチがあたりますね、、いかなきゃ。

投稿: 順いづみ | 2013年7月20日 (土) 21時49分

【いづみさん】

ダァ~! ここ、ちゃんと読んで、ここ!(笑)

> 美人の姐さん方に、公演を途中で抜け出したことでいじられていると…

言わずもがな、いづみさんと美佳さんのことです(笑)で、ゆきのさんは目の形が、美佳さん寄りかなと。

私達のバンドのライヴは、ドタバタのド素人なので、その道の方々には非常に心苦しいデス!(汗)

投稿: 赤い彗星の憂い | 2013年7月22日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221341/57818095

この記事へのトラックバック一覧です: 綴音、降臨!:

« カワイすぎる♪ | トップページ | ギターのクランクイン »