« 運命(さだめ)の罪 | トップページ | 星月夜の長財布 »

橙の奴

Dsc_1573
ライヴでは、ほとんど白玉しか弾かないので、エフェクターもこの「ターボ・ディストーション」だけか、あるいはまったく無しのアンプ直結です。

数年前までは、ヘタッピィでもそれなりの太くてマイルドで粘りのある音が出る、グヤトーン製の真空管アンプを、直結で20年間使ってきましたが、いよいよ音が出なくなり、修理不能と判断されてしまったのでお蔵入りさせ、このエフェクターにシフトした次第です。

何しろ、太くてマイルドで粘りのある音にこだわったので、5~6種類のエフェクターを2時間近く試奏した結果、このエフェクターの「モード2」が、グヤトーン製の真空管アンプ直結に一番近いということで決めました。

ちなみに青いギターとは、補色の関係です。

|

« 運命(さだめ)の罪 | トップページ | 星月夜の長財布 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221341/59780226

この記事へのトラックバック一覧です: 橙の奴:

« 運命(さだめ)の罪 | トップページ | 星月夜の長財布 »