« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

佐野光洋/サンセットライブ in 豊橋

中部地方の方々、「ウルトラマンA」(1972作品)のTAC:吉村隊員のライヴですよ♪

さぁ、みんなで観ようね♪
(※瑳川哲朗さんのモノマネで)

――――――――――

Live170715
■佐野光洋/サンセットライブ in 豊橋■

●日程:7月15日(土)
●時間:16~18時(開場:15時15分)
●会場:天水(http://ten-sui.jp/
●住所:愛知県豊橋市福岡町42
●電話:0532-38-9055
●金額:6800円(ワンプレート&ドリンク付き)

(※お車でお越しの方は、あらかじめご連絡ください)

●ご予約方法:次のいずれかにお願いいたします。

03-3205-7524(スナック『歩ッ歩(ぽっぽ)』…18時以降)
090-6315-2672(佐野光洋/吉村隊員直通です!
ultra1972tac-sano@ezweb.ne.jp(佐野光洋/吉村隊員直通です!

折り返し、送金方法、チケット送付について、ご連絡いたします。

――――――――――

本公演に関して、私はフライヤー(チラシ)とチケットのデザインを担当させていただきましたが、これらの構図は珍しく自分でも気に入っています♪

Demoticket170715b
3月18日(土)の夜、スタッフやキャストの皆さんと打ち合わせた翌早朝、突然降りてきて…

まず、ひねった姿勢の佐野さんといづみさんを両端に置くことが大前提で、続いて真っ直ぐな姿勢の美佳さんと田島さんを並べた後、さて、ひねり過ぎている姿勢の奥田さんをどうしようかと思う瞬間もないまま、

「あそこしかない!」

と、まるでジグソーパズルが組み上がるかのようでした。

(※この度は写真に助けられました…)

また、背景の素材は普通の青空でしたが、それをグニャーと引き延ばして、雲を追加したり、色相を「青→赤」に変えたお手製です♪

さぁ、みんなで観ようね♪
(※瑳川哲朗さんのモノマネで)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤鬼と青鬼、一堂に会す

4月から始めたベースの自主トレに合流して、実に2年半振りにギターを弾いてみました。

そんなにギターをお休みしていたのは、鬱病でぶっ倒れていたからです。(※完治したわけではありません。人生棄てたら比較的楽になっただけです)

Dsc_2751_4
ベースとギターは、それぞれ「赤鬼」「青鬼」と呼んでいますが、こんなに身長差があるんですネ。ちょうど、頭一つ分くらいです。

(※ギターのつもりで、ベースを背負って歩いていると、各所の敷居でぶつけてしまいます…苦笑)

Dsc_2756
Dsc_2757
ところで、楽器の周辺機器を入れた袋に、一緒に入っていたこのパンツは!?

Dsc_2752
履いてみると…なるほど、ステージ演奏用のスリム・スパッツでしたネ♪

Dsc_2754
これとコーディネートするハーフ・ブーツも、確かあったと思うべな♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道徳番組の歌

さっき、風呂に浸かりながら、この曲のイントロと歌メロとアウトロを、口笛で吹いていたんだけど…

【みんななかよし】
https://www.youtube.com/watch?v=Wld4JKzJhio

メロディが急激に上下する場面が多々あって、結構ムズカシイですねぇ…
(^_^;)

どちらかというと、こっちの方が…

【明るいなかま】
https://www.youtube.com/watch?v=C0ic1jap10U

…比較的、口笛で吹きやすいかも知れないです…って、そこで転調かぁ!?…忘れとった!


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナザーバンド始動!

一昨日の日曜日、新生バンド(私にとってはもう一つのバンド)の弦楽器隊3名で、発起人(発起人にとってももう一つのバンド)の自宅を訪ねて、フレーズの確認と簡単なセッションを行いました♪

(※昼食は近所の蕎麦屋『美家古家(みやこや)』にて…)

Dsc_2749

当初はフレーズ確認だけで終始するかと思いきや、何とか以下の4曲を通せる感じで、ビックリしました♪
 
(※下記URLはパソコン専用)
 
【I Saw Her Standing There/THE BEATLES】
https://www.youtube.com/watch?v=oroSpLjkCvo


【Doctor Doctor/UFO】

https://www.youtube.com/watch?v=TDRHuVqO1dE

【Detroit Rock City/KISS】
https://www.youtube.com/watch?v=iZq3i94mSsQ
 
下手ながらも自主トレして、ポジション(弦を押さえる箇所)を暗譜&指癖にしておいてヨカッタ~♪ 演奏途中で迷ってもすぐ戻れました~♪

Akaoni
 
次回はヴォーカル隊とも合流して、スタジオに入りたいです!
 
(※ドラムは目下募集中です♪)

Bassist04_03

まずは、○印の3名の曲をやりましたが、残りの1名こそ、既にコピーできちゃってるので、それも楽しみです♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうちょい地球人を演じてみよう

こちらは、岐阜限定で「鵜匠」仕様の「キューピー」です。

Qp
こちらのサイトの内容と比較してみても…

【長良川鵜飼/鵜匠のひみつ/鵜匠の装束】
http://www.gifu-sugiyama.com/ukai/secret/dress.html

…風折烏帽子(かざおれえぼし)、胸あて、漁服(りょうふく)、腰蓑(こしみの)などが、ささやかに再現されているのはお見事です。

しかしながら本日のメインテーマは、この「鵜匠キューピー」ではなく、それを引っ掛けた「伊右衛門」の小型ペットボトルです。

実はこの「伊右衛門」は(ボトルの横に覚え書きもしてありますが)、昨年12/6のある場所で、名前も知らない、ちょっと話し込んだだけの方に、

「寒いでしょうから…」

とおごっていただいたものなんですね。しかも、二度と会うこともないだろうという方に。

私は感動し過ぎて、この「伊右衛門」を飲むことが出来ず、この方と別れた直後に、自ら別の温かいお茶を調達して、それで暖を取りました。

やがて帰宅して、ちょっとそこらを整頓した際に、いつか買ったであろう、この「鵜匠キューピー」が出てきて、ふと「伊右衛門」と合わせてみたら、お互いの色彩が引き立つような気がして、それ以来ずっと、この「伊右衛門」に「鵜匠キューピー」を引っ掛けて、机上に飾っていました。

あれから半年―。

とうとう、この「伊右衛門」にも賞味期限が来てしまい、私はこれを冷やして飲みました。あれから季節は2つも過ぎていったのですね。

「なんてな!」
(by 和久さん)

この地球上では、いつまで経っても戦争・紛争は無くならないし、異民族・異教徒間の争いも絶えないし、事件・事故も多過ぎだし、一時はこの宇宙の存在さえ無意味に思えたこともありましたが、温かい「伊右衛門」をおごってくださった、あの名も知れぬ方を思い返すと、もうちょい地球人を演じてみてもいいかなと思いました。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔力の刻印

Maiden03
(※敬虔なクリスチャンの方は、この記事の閲覧をご遠慮ください)

皆さん、おはようございます。
facebook記事のPURE ROCK第15弾を、こちらにも転載いたします。

【The Number Of The Beast/IRON MAIDEN】
https://www.youtube.com/watch?v=WxnN05vOuSM
(1982年作品・パソコン&モバイル兼用URL)

映画「オーメン」シリーズでキーとなっていた「666」のあざを持つ者を題材にした曲です。

ヘヴィメタルというと、世間の認識では決まって、

「地獄の~!悪魔の~!」

という印象ですが(苦笑)、アイアンメイデンで言えば、悪魔について歌っているのは、この曲だけです。しかも、映画「オーメン」と同様、聖書の一節(新約聖書のヨハネの黙示録)に、真面目に向き合った作品です。

(※イントロの聖書の一節は、ライヴでも流れます…)

イントロが「聖者の行進」のフレーズに似ている点が、何とも皮肉ですが、実際に演奏してみると、8分の7拍子が交えてあったり、何かと小難しいです(笑)

ブリティッシュ・ヘヴィメタルにしては、珍しく長調の曲ですが、決してポップに傾くことなくヘヴィなままであるのは、大したモノです。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の覚醒

Damien
(※敬虔なクリスチャンの方は、この記事の閲覧をご遠慮ください)

皆さん、おはようございます。
facebook記事のスクリーンミュージック第62弾を、こちらにも転載いたします。

今日は6月6日、ダミアン・ソーンの誕生日ですね。

【オーメン2/ダミアン】
https://www.youtube.com/watch?v=oZmixJmXSyc
(1978年作品・パソコン専用URL)

「オーメン」シリーズはダミアン・ソーン3部作である、

●オーメン(1976)
●オーメン2/ダミアン(1978)
●オーメン/最後の闘争(1981)

の他にも亜流はあるようですが、私は基本的にこれらのダミアン・ソーン3部作を支持します。

とりわけ「オーメン2/ダミアン」は、主人公:ダミアンが、初めて自分を「悪魔の子」と認識・自覚する時期であり、悪魔として覚醒していくムーヴメントを、ハラハラドキドキで描いています。

ダミアンを演じた役者さんも、これまた今でいうイケメンで、当時のご婦人方の胸を焦がしていたことでしょう。

作曲・指揮は巨匠:ジェリー・ゴールドスミスで、かなり宗教色の強い男女混声楽が、おどろおどろしくて印象的です。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おことわり


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »