恋愛・結婚

50代夫と30代妻の子

昨夜の「ホンマでっか!?TV」を観ていたら、脳科学者の澤口先生の見解によれば、50代男性と30代女性の夫婦の間には、知能指数の高い子が生まれる傾向があるとか!?
 
Iq_50m_30f 
あえてコメントは控えて、番組の主旨どおり、「へぇ~、そうなんだ。」くらいにとどめておきますが、ちょっち気になる…(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲは快調♪

「ゲゲゲの女房」、おもしろいですナァ。仕事から帰って、お風呂のお湯をためるのが15分。その間に録画しておいたその日の1話を観終える。そんな習慣になっとります。

ちまたでは「初回視聴率が最低だった」とか言われとるようですが、音楽でも映像でも、作品を楽しむにはメジャーとかマイナーとか、関係ありゃしまへんから、そんなのはどうでもええんですわ。(ちなみに第2話以降は15~16%台を推移とのこと)

思えば主人公の布枝さんは、お見合いから3日後に結納、さらにその2日後に挙式と、現代に置き換えても希な超・スピード婚でドビックリでした。ただ、時代が時代だけに、本人の強い意志も相まって、あれだけひどい状況下でも健気にやっていこうとする新妻さんにエールを送りたいです。(きょうびの芸能人の、くっついてはすぐに離れてしまう『結婚ごっこ』とはエライ違い…)

水木しげる先生役の向井理さんは現在28歳だそうで、その長髪をどう振り乱しても38歳役には見えまへんが、感じのイイお芝居で、暗くなくてええですネェ。

一方、主演の松下奈緒さんは、奥菜恵さんや仲村みうさんと、ルックスがかぶりまくりですナァ…。どの方も美人ですが、こうも似とるとネェ…。

ところでこの作品は、今秋劇場公開(布枝役:吹石一恵さん、しげる役:宮藤官九郎さん)されるそうです。おそらく私も、観てまうんやないかと思います(笑)。

【余談】
どうでもええけど、オープニング主題歌の「青」と「紫」の絵の具の位置って、逆やナァ・・・(ちょっこし職業病?苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意気込んだリハのはずが…

1ヶ月振りのバンドのリハに備え、朝からオリジナル曲「Rise to Glory」のギターパートを自宅で練習していましたが、今夜の練習は23~25時なので、昼食後にちょいとお昼寝を・・・Zzz

15時頃にむくむくと起き出して、近所のホームセンターで簡易ドライバー一式と半田ごてを買って帰り、エレキギターのアウトプットジャックの接続部分を修理。忙殺されて、こんな簡単なことすらできていなかった自分に反省。簡易ドライバー一式や半田ごてを使おうとしても見つからず、約3ヶ月間断念していたんです。(その間のリハは、スタジオの店長にギターを借りてばかり・謝)

約3ヶ月ぶりにアンプから飛び出すマイルドな轟音(どんなん?笑)に感動♪

バンドのリハの前に出向いたのが、古巣であるヒューマンアカデミー宇都宮校での無料単発カラーセミナー。先日のカラーデザイン検定(新設)3級対策講座でお世話になった野口先生の講座です。次の2級に向けての情報収集はもちろんですが、野口先生には昨年末、色彩検定1級とカラーコーディネーター検定1級の受験直後に癒された覚えがあるので、再び癒されに(笑)。

【ご参考『特殊任務と消えた胃痛』】
http://rodeo.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-c6e0.html

先生とも相談した結果、やはり次の2級以降は独学に立ち返ることにしましたし、先生からも、

「今までに2つの1級をくぐり抜けてきたあなたなら大丈夫!」

と太鼓判を押されて、嬉しかったです。もちろん新設なので、実技試験の方に一発で合格できる確率は低いのですが、ヤケドをしても、傾向をつかみ、対策を立てる意気込みや技量を持ち合わせているという意味を含めて、です。

バンドのリハに向かう途中、カーラジオから流れてきた恋愛相談。

相談者「私ってぇ、彼氏も家族も友達も、みんな優先順位が同じでぇ、アポはすべて先着順なんですけどぉ、それがもとで彼氏に逢えない日々が続くとぉ、彼氏がすごく機嫌悪いんですぅ。どぉしたらいいんですかぁ?」

DJ「そりゃあ、あなた、絶対とは言わないまでも、彼氏を優先してあげるべきでしょう。彼氏や彼女ができるというのはそういうことだと思いますよ。」

それを聞いて私も相づち。

私「ハハ、そうだろうね(笑)。」

で、肝心なバンドのリハは・・・ゴメンナサイ、ここではチョット明かせない恥ずかしい事情によって、今回は結局、カッチャンのドラムと私のギターで、

●Rise to Glory
●女豹
●Don't worry...
●蒼きままで

を、それぞれ1回ずつ通しただけでした!

「一体何だったんだ♪ こんな暮らし♪(by 尾崎豊)」
「一体何だったんだ♪ 7days♪(by バービー・ボーイズ)」

だ、だ、だ、大丈夫か~!? 俺達のサマーギグは危ねぇぜ~!?(どういう意味で?笑)

リーダーでベースのトシ「大丈夫だ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな3K

今朝の「めざましテレビ」で報道されていた「女性が結婚相手に求める条件」ですが、一昔二昔前にささやかれていた、

●高身長
●高学歴
●高収入

の「3K」が、

●価値観の一致
●金銭感覚の一致
●雇用形態の安定

の「3K」に代わったそうです。

また、女性が男性に求める平均年収は「552万円」だそうです。

以上のお話、まだまだカワイイもんです。先日、とある結婚観を耳にするきっかけがあったのですが(婚活じゃないっすヨ・笑)、

●夫の年収は3千万円以上
●夫は年に1,2回帰ってくるだけでいい
●子供はベビーシッターに預けて、自分は遊びたい

・・・だなんて、ビックリしましたヨ。それ以上のコメントは避けます。

ところで、どの年齢層を対象にしたのかは聞き逃しましたが、「自分は一生独身なのかも知れない。」と思う女性は9割以上もいたとか。たとえ結婚したとしても、DINKS(Double Income No Kids=共働きで子供がいない夫婦)が増えている昨今、我が国はますます少子化の一途をたどりますナァ(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山積みの義理チョコ

今朝、私の机に山積みになったチョコレートをご覧になった大上司。

大「お? チョコがいっぱい!」
私「すいません! すぐ片付けます!」
大「可能性があるかも!(笑)」
私「いえいえ、そんな!…(汗)」

大上司、ぬか喜びさせてスイマセン…実はすべて「義理チョコ」なんです…

たった1個だけでいいから、来年は「義理ではないチョコ」をいただけるよう、がんばります!(力) もちろん女性から!(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死ぬときに後悔する25のこと

夕べ、何気なく観ていた番組「エチカの鏡」で紹介されていた、「死ぬときに後悔する25のこと」を、引用してこちらに掲載いたします。

前半15項目までが「しておけばよかったこと」で、後半16項目以降が「しなければよかったこと」だそうです。

【死ぬときに後悔する25のこと】
01.健康を大切にしなかったこと
02.遺産をどうするか決めなかったこと
03.夢を叶えられなかったこと
04.故郷に帰らなかったこと
05.行きたい場所に旅行しなかったこと
06.美味しいものを食べなかったこと
07.趣味に時間を割かなかったこと
08.会いたい人に会わなかったこと
09.自分の葬儀を考えなかったこと
10.やりたいことをやらなかったこと
11.人にやさしくしなかったこと
12.心に残る恋愛をしなかったこと
13.結婚をしなかったこと
14.子供を産み育てなかったこと
15.子供を結婚させなかったこと
16.悪事に手を染めてしまったこと
17.たばこをやめなかったこと
18.感情に振り回された一生を過ごしてしまったこと
19.自分が一番だと信じて疑わず生きてしまったこと
20.死を不幸だと思ってしまったこと
21.神仏の教えを知らなかったこと
22.生前の意思を示さなかったこと
23.残された時間を大切に過ごさなかったこと
24.自分の生きた証を残さなかったこと
25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

いかがでしょうか? 私はまず3つ、当てはまってしまいました(苦笑)。ズバリ、結婚にもとづく13~15です(加えて、20~21かな?)。あきらめないで、アラサー(もちろん、それ以下でも大歓迎!)で、どなたかいい人、探しまっせ!まっせ!まっせ!(from "THE SENTAKU" by 爆風スランプ)

某・知人よ、いくつ当てはまったかい? 後悔するくらいなら、何とかしなくちゃネ♪ タモリさんが、こんな言葉をご存知でした。

「明日死ぬように生きなさい。そして永遠に生きるように生きなさい。」

仕掛かりのことは山ほどありますが、私はいつ死んでも構わないように、楽しみながら生きているつもりです。もちろん、死ぬのはとってもコワイのですが(苦笑)。ちなみに、某・知人は私のことを、

「人生を満喫している!」

と言いました。今日はこの曲で締めくくりたいと思います。

【きみの朝 / 岸田智史】
(作詞:岡本おさみ、作曲:岸田智史)
http://www.youtube.com/watch?v=7padVX9z1rE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブスの25箇条

夕べ、何気なく観ていた番組「ニッポンのミカタ!」で紹介されていた、「宝塚歌劇のスターが使っているブスの25箇条」を、引用してこちらに掲載いたします。

ここでいう「ブス」とは「容姿」のことではなく、「振る舞い」のことだと思います。もちろん、男女問わず。

【宝塚歌劇のスターが使っているブスの25箇条】
01.笑顔がない
02.お礼を言わない
03.おいしいと言わない
04.精気がない
05.自信がない
06.愚痴をこぼす
07.希望や信念がない
08.いつも周囲が悪いと思っている
09.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくていじけている
11.なんでもないことに傷つく
12.他人に嫉妬する
13.いつも口がへの字の形をしている
14.目が輝いていない
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらやむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなく傲慢である
23.人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分がもっとも正しいと信じ込んでいる
25.存在自体が周囲を暗くする

いかがでしょうか? 私は4つ、当てはまってしまいました(苦笑)。他にも場合によっては少々という項目がありますが、ある4つはいかなる場合においても、確立されてしまっています。そうならないように、もっと強くならなくては!

今、思い悩んでる某・知人よ、いくつ当てはまったかい? こんなことで、せっかくの魅力が半減しちゃったら、もったいないぞヨ♪

そこで今日は、この曲で締めくくりたいと思います。ちょっとHな描写もありますけど、んもう、いいでしょ、子供じゃないんだから♪

【いつも心に太陽を / 郷ひろみ】
(作詞:阿久悠、作曲:ミッキー吉野)
http://www.youtube.com/watch?v=EK4IgbPw5Xs

「Looking for tomorrow♪」

確か、私が小学6年生の頃の曲だったでしょうか? 軽快で親しみやすいメロディだけに、好んで歌っていた気がしますネ。んもう、おマセさんったら♪

Tomato_nasu_toku_2Chashu_toku 
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

逆プロポーズの傾向

今朝の「めざましどようび」によれば、今時は女性から男性に積極的にする「逆プロポーズ」が顕著に増えているそうです(今時の既婚女性へのアンケートでは27%)。他にもこんなデータがあるそうなのですが、敢えて私は何もコメントしませんので、まぁ、サラッと流し読みしてクダサイ(苦笑)。

【交際相手がいるが、男性が結婚に踏み切れない理由】
●1位…相手とのタイミングが合わない
●2位…経済的に難しい
●3位…自分の時間が大事

【女性は逆プロポーズに賛成か?】
●賛成…92%
●反対…8%
(対象100人)

【でもどちらかと言えば、プロポーズされたいか?】
●されたい…100%
(対象100人)

【女性は逆プロポーズをするなら、どんな言葉を言う?】
●1位…結婚してください(40人)
●2位…ずっと一緒にいたい(19人)
●3位…家族になって(5人)
●他…一生おいしい御飯作ります、戸籍にいれてね
(対象100人)

【男性にとって、これだけは言われたくない逆プロポーズは?】
●一生養ってほしい
●あなたなしだと生きていけない
●あなたの財布は私が管理します
●私の親の面倒も見て
●墓場まで一緒だよ
(対象50人)

【男性がプロポーズされたい場所と言葉】
●1位…自分の部屋で「結婚してください」
●2位…海で「ずっと一緒にいたい」
●3位…きれいな夜景がある場所で「あなたの子供を産みたい」

【男性にとって逆プロポーズは、プロポーズのきっかけになる?】
●はい…84%
●いいえ…16%
(対象50人)

解説はこう締めくくられていました。

「逆プロポーズは女性の最終手段。男性はそんな女性の気持ちにいち早く気付いてあげるべきかも知れない。」

ということで、最後にこれです。

【男性がプロポーズするタイミングは?】
●1位…彼女の誕生日(32%)
(対象50人)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

決して結ばれない二人

私の知人に(仮に)A君という人がいるのですが、まぁ、この人にもいろいろ辛い経験があって、いい歳(私と同い歳)にもかかわらず、今は独り身です。結婚する気は十分あるそうですが・・・

そして、同じく知人の(仮に)B子さん、どうやらA君のことをかなり前から狙っていたらしく、周囲にもそれを明かしているようです。

しかしながら可哀想なことに、A君にはまったくその気が無く、たとえこの先、天地がひっくり返ることがあったとしても、自分の気持ちがひっくり返ることはなく、必要な時以外は距離を置いているそうです。

まぁ、世間ではよくある図式でしょうが、これも恋愛・結婚の難しいところですね。確かにB子さんはいい人で、周囲からの信頼も厚いのですが、それだけでは成立しません。B子さんにもツボがあるように、A君にもツボがあるのです。「信じて尽くせば、真心が伝わる」なんてのは、単なる幻想に過ぎないのです。ビジネスならまだチャンスがあるかも知れませんが、恋愛・結婚なら相手がかなり限定されます。そういうものなのです(誰だって、タイプではない相手から、例えば花束など贈られても嬉しくないでしょ?)。

気の毒ですがB子さん、これ以上待っても時間のムダだから、さっさとあきらめて別の人を探した方がいいですよ。そしてA君、あんたも早くいい人見つけなよ(あ、私もですけど…爆)。

ところで、B子さんは自分の気持ちを周囲に明かしていますが、それをやっちゃうと、他にA君のことを想う人がいても、その人が遠慮しちゃうと思います。僭越ながら私から言わせてもらえば、それはズルイと思います。暗にA君のチャンスを奪っているようなものです。恋愛は所詮、孤独な勝負。正念場では誰も頼ってはいけないのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

簿記2級、夏の陣!

それから4年後の2003年のことでしたか―。その頃は(後に吹き飛んでしまうこととなる)結婚の話が進んでいたため、「さすがに何とかせねば!」と一念発起し、初めて本気になったワケです。6月8日の本番に向けて、その一念発起が4月29日だったのは、いささか遅かったのは否めません。

3級との決定的な違いは「商業簿記(以下、商簿)」に加えて「工業簿記(以下、工簿)」があること。さらに「商簿」そのものもグレード・アップしています。

その時は、兎にも角にも「過去問題集(TAC出版)」だと思い、紀伊國屋書店で購入した後、最初の数ページに掲載されている仕訳を改めて覚えました(ホントはそんなのじゃ、全然足りません)。

そして、基礎も出来ていないのに、過去問題を演習して、分からなければ解答を見て解法を覚えるという、昔ながらの方法で勉強しました。もし20年前だったら、それでも受かるのかも知れません。

過去問題を息切れしながら、何とかひととおり終えると、次は「予想問題集(TAC出版)」を購入し、今度は時間を計って演習しました。これは6回分の問題があるのですが、1回だけ80点を採れたこと以外は、50~60点くらいの得点でした。

もちろんこれは、この時に始めた勉強だけの成果ではなく、長年にわたって不規則、かつ受動的に演習していた、社内の特別研修の賜でもあります。いきなりじゃ、こんな点数さえ採れません。

私は不安をごまかして、さらに「直前対策問題集(TAC出版)」を購入し、また時間を計って演習しました。これは3回分の問題があるのですが、これまたひどく、40~60点くらいの得点でした。

ここまでの勉強は、すべて会社で行いました。なぜなら、家なら誘惑がいっぱいで、なかなかはかどりませんが、会社なら適度な緊張感があるし、勉強できるスポットがどこかしらあるからです(特に休日などは…)。そして、6月8日の本番―。

「こんな付け焼刃でも、もしかしたら!?」

そんな淡い期待を抱いて臨んだ本番は、

■第1問08点…商簿仕訳で、もみくちゃにされる。
■第2問06点…未知のパターンの現金預金出納帳に阻まれ、合計試算表までたどり着けない。
■第3問12点…どこか歯車が狂ってしまった損益計算書。
■第4問12点…仕損を含めなかったというケアレスミスの工程別原価計算。
■第5問20点…貢献利益率は一次方程式で解ける!

で、合計58点でした。もし、ケアレスミスをしていなくても66点ですから、どのみち不合格でした。合格点は70点ですが、「あと少し!」というのは、決して「惜しい!」のではありません。ただ単に努力が足りないだけなのです。

この結果発表と同じ頃に、結婚相手の正体がわかり、縁談は白紙になりました。相手の素行について、関係機関からいろいろと証言を求められたりもしました。夏休みに帰省した時には、母方祖父が暑さで倒れたりと、いろいろなことが重なって、この頃は精神的にかなりまいってしまいました。

ちょうどこの頃です。誰もいない真夏の昼下がりの公園で、一人でブランコをこいだりしたのは・・・

(つづく・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧