音楽

マーティと飲んで漢字を教えた夜

日本に帰化したスーパー・ギタリスト:マーティ・フリードマンの話題が、某コミュニティで挙がったので、ちょっこし学生時代の思い出話を。

あれは確か、埼玉県川口市にあった(今は無き)「モンスター」というライヴハウスに、「カコフォニー(『不協和音』というより『不快な音』という意味)」というインディーズ・バンドが来るというので、ハイテク・ギタリスト・フリークである某先輩に連れられて、何の予習も予備知識もないまま、私も観に行ったんです。

そのバンドは、ジェイソン・ベッカー、そしてマーティ・フリードマンによるツイン・リード・ギターが看板のバンドで、「不快な音」というバンド名の意味通り、不思議なハモリ方をする演奏でした。

公演終了後はその場で、バンドのメンバーとお客さん達の懇親会が始まったのですが、何と円卓に着いた私の右隣は、今では世界的に超有名なマーティ・フリードマンだったのです。

私は一応(失礼!)記念にと、持っていた英語の辞書の表紙にサインをいただきました。

「Marty Friedman Hi Rorrie!」
(『ローリー』というのは当時の私の愛称)

と書いていただいたところで、マーティが(あの頃はまだ)英語で、

「『power』は、漢字でどう書きますか?」

と尋ねてきたので、私も英語で、

「あぁ、それなら簡単ですよ♪」

と答えて、「」という漢字を教えて差し上げたのでした。わずかに消えかかっていますが、ちゃんと、

「力」

と書いてあるでしょ?

Dsc_0390
当時はマーティが、今ほど有名になるという先見の明が、残念ながら私には無かったため、サインをいただいた辞書は、そのまま普通に使い続けて、ここまで劣化してしまったのでした。

でもね・・・

●マーティと一緒に酒を飲んだ
●マーティに「力」という漢字を教えた

のは、紛れもなく、この私なのであります♪

マーティ! 覚えてるかい!? もし、これを読んでいたら、連絡欲しいナァ♪

(※私は一般ピープルだけど、言うだけ言ってみたりして…笑)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日感謝企画「母なる宇宙を描こう」

ここ最近は「朗読劇団/桃色旋風」に出入りしている私ですが、それよりも随分前から、随分お世話になっているお姐さん方の朗読ユニットがございます。

それが、こちらです♪ 1!2!3!

【IZUMIKA Official Web Site】
http://izumika-official-web-site.webnode.jp/

鍵盤奏者の順いづみさんと、朗読家の橋本美佳さんのファースト・ネイムを合わせて、

「いづみ+みか=いづみか(IZUMIKA)」

というユニット名なのです♪ キャッチ・フレーズは、

「音霊・言霊(おとだま・ことだま)」

です♪

私側の様々な事情により、2013年9月を最後に、すっかりご無沙汰していましたが、その間、付かず離れず見守ってくださったことは、いたく感謝しております。

そう、昨日は実に3年8ヶ月振りに、こちらのIZUMIKAさんの公演を訪問いたしました。しかも今回は、

●シンガーソングライター:逢坂泰精さん
●日本パステルシャインアート代表:江村信一さん

とのコラボレイションとのこと♪ さらに今回は、

●お客さんのパステル描画の実践タイムあり

という特典づくし♪

実は先月には、こんなイベントがありまして…

【山梨日帰りバスツアー/ドキュメント編】
http://ameblo.jp/coloroza/entry-12262595457.html

今回も実践参加で、何かしらを学べるとなれば、たいへん興味深いし、前日が共立女子大学の公開講座受講ということもあって、即答で申し込みました♪ イベント名は、

逢坂泰精アルバム発売記念
&母の日感謝企画「母なる宇宙を描こう」

まずは、

【『完熟トマトとバジルのトマトソース』ランチセット/トマティーナ秋葉原店】

Dsc_2686
で、腹ごしらえ♪(※次回は『揚げ茄子の辛口ミートソース』ランチセットにしてみようかな♪)

いざ、新富町の会場「slow」へ向かうと、実は誤って、開演より90分も早く着いてしまいました!(苦笑)

今回の公演は、まずはIZUMIKAさんの朗読&演奏から♪

Dsc_2691_2
題目は「奈良少年刑務所詩集」からでしたが、内容は辛すぎて、辛すぎて、こちらでは文面にできません。

続きまして、逢坂泰精さんのソロタイム♪ まるでカールスモーキー石井さんと森山直太朗さんを合わせたような歌声です。バックバンドのパーカッションとギターの堅実さにも、ずっと心惹かれました。

Dsc_2695
(※パーカッションの『小鳥』や『犬』の鳴き声のサンプリング音も、実に興味深いです♪)

そして、IZUMIKAさんと逢坂バンドさんの共演♪

Dsc_2699
う~ん、濃厚です♪♪♪

ショウの中盤に差し掛かると、江村信一さんからご指導をいただきながら、みんなでパステル画の実践を♪

Dsc_2702
Dsc_2703
黙々と制作に励む私の姿♪(※いただいた写真です…笑)

01
02
03
この日、私自身は生まれて初めて、パステル画を描きました。その作品がこちらです。

Dsc_2715
シェイプは型紙による「カーネーション」ですが、配色は守りに入ってしまったようなので、もう少し冒険してもよかったかも? 後で気付いたのですが、使用した色相は偶然にも、


(日本で慣例の虹7色)

だったんですね♪ 夢中で描いていたので、気付きませんでしたが。

描画実践タイムが終了すると、皆さんの作品をステージに展示し…

Dsc_2707
それらを背にして、朗読と演奏のライヴが再開されました♪

Dsc_2708
Dsc_2710
アンコールでは、江村信一さんも「見上げてごらん夜空の星を/坂本九さん」を熱唱♪

Dsc_2711_2
アンコールのアンコールでは、「ふるさと」を会場のみんなで歌ったのですが、あろうことか、2番が終わった後の、アコースティック・ギターのソロで涙が出てしまいました!

「おいおい、このタイミングで泣くかよ~」

いやはや、変なところにスイッチはあるものですナァ…(苦笑)

締めて3時間のショウでしたが、新鮮で充実して大満足でした♪ いづみさん、美佳さん、この度はお誘いいただき、誠にありがとうございました! やはりこういう時間の私が、一番輝いているような気がします♪ これからも大切にしていきたいです♪ 逢坂さんも、江村さんも、またどこかでお会いしましょう! もちろん会場「slow」のスタッフさん達もネ♪

おまけですが、会場に展示されていた「色相順に並んだネズミ」(笑)

Dsc_2704
まるで「帰ってきたウルトラマン」(1971年作品)の「ロボネズ」…

Robonezuhone
…を彷彿させますネ(笑)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『魂の三兄弟』2017 ~ヒーローたちの応援歌 Vol.2~

かつてはライヴ会場によく足を運んだ私が、何と2年5ヶ月振りに訪問したライヴのセットリストを、たいへん遅ればれながら掲載いたします♪

Ohtemachi_live
【串田アキラ・MoJo・宮内タカユキ『魂の三兄弟』2017 ~ヒーローたちの応援歌 Vol.2~】

(3/18(土)17:00~19:40)
(よみうり大手町ホール)

バック・ミュージックは、
☆バンド8名
☆コーラス4名
の豪華布陣でした!

〈セットリスト〉
○「チェンジギャバン」→歌詞?
●バトル・フィーバーJ
●仮面ライダーBLACK RX
●超電子バイオマン
○「強者たち」→題?

●出撃!ゴーグルロボ
●百獣合体!ガオキング
●強さは愛だ
○(串田さんの英詞の曲?)
●太陽戦隊サンバルカン

10

○(宮内さんの何て曲?)
○「イナズマショック」→歌詞?
○(仮面ライダーオーズの挿入歌?)
●スペース・スクワッド
○(エクシードラフトの挿入歌?)

○(マシンマンの挿入歌?)
●快傑ライオン丸G
●特警ウィンスペクター
●星雲仮面マシンマン
●宇宙刑事シャイダー

20

●特救指令ソルブレイン
●大戦隊ゴーグルV
●宇宙刑事シャリバン
●特捜エクシードラフト
●科学戦隊ダイナマン

●宇宙刑事ギャバン
●スピリット・ブラザーズ

以上、本編26曲、アンコール1曲でしたが、私は尺の7割以上、号泣していました。(アホやねん!笑)

串田さん、またお目にかかりたいナァ…♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・祝☆スター・ウォーズ40周年♪

私はfacebookに「週刊スクリーン・ミュージック」と称して、映画音楽の記事を毎週連載しているのですが、本日は「スター・ウォーズの日」ということで、過去の記事もこちらに転載いたします。

――――――――――

皆さん、おはようございます。
スクリーン・ミュージック第5弾は…

Ep04a
【『スター・ウォーズ』より、以下内訳】
https://www.youtube.com/watch?v=L_CNGpZabNc
(1977年作品・パソコン&モバイル兼用URL、もし『YouTube』と『ブラウザ』の選択肢が表示されたら『ブラウザ』を選択)

●20世紀フォックス映画社のファンファーレ
この曲は、もちろん他の映画に使われることもありますが、もはや「スターウォーズ」とワンセットのイメージがあり、ディズニー映画社へ移ったエピソード7以降では聞かれないのが寂しいです。

●メインテーマ
もっとも有名な曲で、映画のオープニングから、帝国軍による反乱軍の船の拿捕直前まで流れます。冒頭からつながる長調のフレーズは「主人公:ルーク・スカイウォーカーのテーマ」に該当していると言われていましたが、今となっては「スカイウォーカー家のテーマ」と言った方が妥当かも知れないです。

●王女レイアのテーマ
劇中では一切流れませんが(フレーズの一部は流れます)、戦時下の指導者としての苦悩や憂いを、惜しみなく表現しています。子供の頃は受け止めきれずに、たまに飛ばしていましたが、大人になるにつれて、味わい深い印象となりました。

●玉座の間とエンドタイトル
反乱軍の助太刀をして、戦果を挙げたソロとルークが、厳かなシチュエーションで、レイア姫から勲章をもらうラストシーン、そしてエンドロールへ。冒頭からつながる短調のフレーズは「ジェダイのテーマ」に該当します。

以上、作曲・指揮は巨匠:ジョン・ウィリアムズ氏、演奏はロンドン交響楽団です。

ちなみに今日は「スターウォーズ」の日です。「スターウォーズ」には、

「May the forth be with you」
(フォースのともにあらんことを)

という決まり文句が出てきますが、

「May the fourth」
(5月4日)

と掛けています。

【アカデミー賞6部門受賞(ノミネートは10部門)】
●編集賞
●美術賞
●衣装デザイン賞
●作曲賞
●録音賞
●視覚効果賞


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝☆スター・ウォーズ40周年♪

私はfacebookに「週刊スクリーン・ミュージック」と称して、映画音楽の記事を毎週連載しているのですが、本日は「スター・ウォーズの日」ということで、こちらにも転載いたします。

――――――――――

皆さん、おはようございます。
スクリーン・ミュージック第57弾は…

本日は「スター・ウォーズの日」ということで、「スター・ウォーズ」から「宇宙空間戦(ドッグ・ファイト)」に関するBGMを2曲、お届けします。

まずは、こちら。

Ep04
【『スター・ウォーズ EP4 新たなる希望』より『ベンの死とTIE戦闘機の攻撃』】

https://www.youtube.com/watch?v=lhXm9v4NjlA
(1977年作品・パソコン&モバイル兼用URL、もし『YouTube』と『ブラウザ』の選択肢が表示されたら『ブラウザ』を選択)

オビワン(ベン)・ケノービがダース・ヴェイダーに殺められるも、後ろ髪を引かれる思いで、ファルコン号でデス・スターを脱出する主人公ルーク達。ところが、程無くして追手のタイ・ファイター群がやって来て、辛くもそれらを撃破することに成功する、という慌ただしい流れを、わずか4分弱で表現しています。

かの「帝国のマーチ」が、まだ生まれていなかった本作では、ある4音階のフレーズのみで「帝国」を表現しており、この曲ではそのフレーズが連呼されています。

そして、こちら。

Ep05
【『スター・ウォーズ EP5 帝国の逆襲』より『小惑星の原野』】

https://www.youtube.com/watch?v=5TbWJJMdLsY
(1980年作品・パソコン&モバイル兼用URL、もし『YouTube』と『ブラウザ』の選択肢が表示されたら『ブラウザ』を選択)

劣勢な反乱軍所属のレイア姫達を乗せた、ハン・ソロ船長達が操縦するファルコン号が、追手のタイ・ファイター群を、辛くもまくことに成功する、というこれまた慌ただしい流れを、わずか4分余りで表現しています。

本作では「帝国のマーチ」が初披露されたこともあり、劇中のそこかしこで流用されていましたが、この曲でも冒頭にそのフレーズが連呼されており、クライマックスもその派生型で盛り上げています。

私は以上の曲を何千回聴いたか分かりませんが、やはりオリジナル・サウンドトラック盤の出来栄えは、「~EP4 新たなる希望」が一番だと思います。しかも、1997年の特別編公開時に再編される前の「組曲仕様」の2枚組です。

黒地に白い「STAR WARS」ロゴだけのジャケットの。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KISSは半音下げチューニング

RODEOとは別の、名前はまだ無い、私ごときがベース(苦笑)のバンドで、コピー対象の課題曲が徐々に挙がってきましたが…

まさか、この私がこちらの御大の皆さんのコピーをすることになるなんて、ついこの前まで考えてもみませんでした(笑)

Bassist04
(※誰が誰だか、全員当てられたら、あなたもロッカーです♪)

ところで、課題曲に触れるにあたって初めて気付いたことは、

●KISSは半音下げチューニング

だったことです。本日、耳で聴いたままコピーを始めると、何だか不自然な運指に気付いてしまったんですネ(苦笑)

(※なまじっか、ギターをかじっていたのが幸か不幸か?)

本当に上手い方は、そのままコピーしても、大して問題無いのでしょうが、私は自然な運指を好むので(要するに下手で楽をしたいので…苦笑)、

●KISSをコピーする時は半音下げチューニング
●それ以外をコピーする時は標準チューニング
●メンバー全員で音を合わせる時は半音下げチューニング

という段取りになりました。苦肉の策です♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤鬼、参上!

昨夜、某ファミレスで、「RODEO」とは別のバンドのキックオフ会が行われ、約2時間半、お互いのミュージック・ライフを中心に、今後の方針まで語り合いました。

Dsc_2663_2
「RODEO」は「若い頃に組んで、続けていたらオッサンになっていたバンド」ですが、それに対して昨夜のバンドは、いわゆる「オッサンになってから組んだバンド」です。

スタイルは、「RODEO」が目下オリジナル曲の創作・演奏であるのに対し、昨夜のバンドはコピーです。ジャンルも国籍も不問です。

私のパートは、「RODEO」ではヴォーカル&サイドギターであるのに対し、昨夜のバンドでは何とベースを弾くのです!(※ベースをなめたらアカンよ…)

そんな中で、32年ぶりにこの曲と向き合うことになるとは、いやはや感慨深いです。しかも今回はMSGではなく、本家のUFOヴァージョンです。

【Doctor Doctor/UFO】
https://www.youtube.com/watch?v=FwNOmS78q-o

やはり色彩と音楽に向き合っている自分が、一番自分らしいです。2年間、それを否定していた自分を、現在は否定し(もう、ややこしいわ!笑)、こうして戻って来られてよかったです。

ちなみにこちらが、今年の4/8に購入した愛器「フェンダーメキシコ・プレシジョンベース・スタンダードモデル」です。

Akaoni
15年前に購入した愛器「フェンダージャパン・ストラトキャスター・USAギターコピーモデル」がこちらですから、

Aooni
2人(?)合わせて、コードネームは「赤鬼青鬼」です。以後、よろしくお願いいたします♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風になって、還って来ました

皆さん、お久しぶりです。

2007年9月から2014年11月まで、駄文ながら毎日綴ってきた当ブログですが、PTSDと不眠症を伴った鬱病のために、残念ながらバンド活動とともに失速・停止してしまいました。

(※一番悔しいのは私自身です…)

一体、何があったのか、今はどういう状況・状態なのか、こちらでは敢えて語りませんが、親しい方々にはオフラインで、事の真相を赤裸々に打ち明けています。

重い時は「はい・いいえ・う~ん」しか言えず、休日は食事以外はずっと寝床で丸くなっていましたが、ある時期からは「一生こうしているわけにもいかない」と思い始めました。

一時は、この宇宙の存在さえ無意味に思えていましたが、それを突き抜けたら、自分自身を客観的に捉えることができるようになりました。

そのことにリンクしているのかどうか、定かではありませんが、少なくとも私を必要としている、複数のコミュニティの存在が確認できたことは、極めて大きな収穫であり、ありがたい御縁です。

そんな中で、皆さんにご報告したいことがございます。

●先月、2年4ヶ月ぶりに、バンドのリーダーと2時間程会話をしたのですが、「RODEO」は解散していません。

●ドラマーとギタリストは、私が鬱病で休息している頃に、他のバンドに参加し始めたため、現在はおいそれとは戻って来られない状況です。

●プロヴァイダの無料サービスが2016年11月で終了してしまったため、公式ホームページは目下消失中ですが、資産のバックアップを活用して、近日中に公式ホームページをリニューアルいたします。

●かねてから興味があったエレキベースを始めたら、他のバンドからお誘いがかかったので、非力ながら協力いたします。

●2004年12月5日にリリースした7曲入り1stアルバム「Under The Sky」は、リリース直後から2年間、鬱病の影響で見るのも聴くのも嫌でしたが、それを超越すると可愛く思えて仕方がなくなりました。ただ今、地道に順調に在庫が減ってきていますので、お求めの際は、ぜひ私までご連絡ください。

Jacket_omote_demo
Jacket_ura_demo
Cd_label_demo
尚、これ以降、私の音楽活動をメインに、以前のように毎日ではありませんが、当ブログ「赤い彗星の憂い」を再開・更新したいと考えています。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別ゲストのコーラス

今日は、「ギョーザ三昧」のコーラスに、特別ゲストの方々をお招きして、収録しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONGS/中島みゆき

【NHK『SONGS/中島みゆき』(11/1放送分)】

中島みゆきさんって、歌声はおどろおどろしいのに、話し方はすごくオチャメで可愛らしいんですね。初めて知りました。

(個人的にツボかも…笑)

中島みゆきさんの1曲である、メタルっぽい『最悪』を、大学浪人時代に教えてくれた、水泳部の元部長のヒロシ君、三年前に病気で他界してしまったんです。

(千葉まで葬儀に出席したナァ…)

これも保存版だナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧