音楽

オリジナルバンド「RODEO」の動向(6)

1992年初頭に結成・始動した、最終形態がオリジナルバンドの「RODEO(ロデオ)」は、要約するとこのような経緯を辿りました。
 
●2013年12月、リーダーからギタリストへ送られた、私に関する陰口メールによって、リーダーをはじめとするメンバー達の「私への不満(氷山の一角)」が発覚。
 
●それとは別に勤務先の件で、2014年10月から2016年11月まで、私が鬱病を患う。
 
●かねてから、私へ不満を抱いていた、リーダーをはじめとするメンバー達は、私だけを外した「インスト・バンド」を結成・始動。
 
●2016年12月に、私からメンバー達へ「鬱病完治宣言」。
 
●私から、リーダーをはじめとするメンバー達へ、「RODEO」の再始動を何度も願い出るも、ほぼ音信不通状態。
 
●2017年9月、私だけを外した「インスト・バンド」と、私個人が練習スタジオで鉢合わせ。一体どういうわけなのか、私は説明を求める。
 
●同年10月、リーダーから「私の鬱病再発」を恐れて、「RODEO」は再始動できないと連絡がある。
 
●同月、私から「鬱病再発の可能性」を否定し、再考を願い出るも、期日の11月3日を過ぎてもまったく音信不通状態。
 
●同年11月8日、リーダーの意向を、私のブログやメールによって、不特定多数に拡散。
  
●同月16日、焦ったリーダーは、私との話し合いを持ちかけてくるも、同月20日、やはり上手く説明できないと、リーダーから話し合いのキャンセルあり。
 
●要するに私は、リーダーをはじめとするメンバー達によって、バンドを解雇された。
 
ずっと信頼してきた仲間達でしたが、それはどうやら私の勘違いだったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルバンド「RODEO」の動向(5)

リーダーから再度の話し合いの申し入れがあったものの、何を言ってもうまく伝えられないと、リーダー自身が話し合いをキャンセルしてきたことを受けて・・・
 
(※2017年11月20日、オリジナルバンド『RODEO』のメンバーに宛てたメールです)
 
―――――――――――――――――――――――――
 
・・・だろうね。すでに外堀は埋まってしまっている。
 
私が鬱病になってしまったのも悪いと思うけど、一連のことについては、ロデオはすべてが後手後手なんだよ。
 
最初に綺麗にごまかすから、その次も、またその次も、ごまかすことが必要になってくる。
 
実に稚拙で古い体質だと思う。誠意や真心が無いというか。
 
結局自分達が可愛いから、自分達を少しでも正当化したいから、そういうハメに陥る。
 
そういうヤツらが会社にもたくさんいて、今までずっと闘ってきたけど、結局ロデオの面々も同じようなヤツらばかりだったということさ。
 
調子の良い時だけチヤホヤして、調子が悪いとサッと波が引く。そんなのは本当の仲間なんかじゃないね。
 
つまりは私は、見えない御輿でずっとかつがれてきた、裸の王様だったわけだ。
 
リーダーはリーダーとして、私の不在中、一体何をやってたんだ?
 
呆れてモノが言えない。
 
陰でコソコソしやがって、まったくみっともない。
 
/以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルバンド「RODEO」の動向(4)

(※2017年11月17日、オリジナルバンド『RODEO』のメンバーに宛てたメールです)

話し合い、話し合いと言うけれど、10/3にも伝えたように、要するに肝心なのは、
 
●あなた方にやる気があるか?ないか?
 
でしょ?
 
もしやる気があるならば、例え誰かが不在でも、練習はある程度は続けられたはず。
 
実際にギタリストが不在だった2009年から2010年の1年6ヶ月の間は、ヴォーカル無しで私のサイドギターだけで粘ってきたよね。そしてその間に、私がOさんを見付けてきた。
 
また、ドラマーが不在だった1994年から2000年の6年の間に、ギタリスト:Sと2人で、何度かスタジオに入ったことは、リーダーも知らないだろう。
 
バンド愛があれば、そこまでやって当然だと思ってるよ。
 
しかしながら、 あなた方が出した理由・結論は、
 
●私の鬱が再発すると困るから
 
であって、それをそのまま維持しても、仲間を信用しないただの「薄情者」だし、それを覆して、第2、第3の理由・結論を言っても、保身に走るただの「嘘つき」になる。
 
極めてシンプルな話だよね。
 
そんなところへ、今更ながらの話し合いを持ちかけるなら、よっぽど納得のいく話題を提供してくれないと、火に油を注ぐだけだよ。
 
だいたい私が「完治宣言」をしてから、早1年だぜ。レスポンスが遅すぎるんだよ、RODEOだけがさ。鬱病でもないくせに。
 
今現在の状況・心情はそんなもんです。では、12/5の夜7時に。CDを裁く気がないのなら、全部持って来てください。
 
/以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルバンド「RODEO」の動向(3)

(※2017年11月16日、オリジナルバンド『RODEO』のメンバーに宛てたメールです)
 
(リーダーからの『もう一度、話し合わないか』というメールを受けて…)
 
誰と誰が話し合うの? リーダーと私? それとも全員? リーダーだけが間に入ると、また話にフィルターがかかって、湾曲してしまうんじゃないの?
 
私は何度も何度も呼びかけているのに、全然反応しないのは皆さんでしょ? まったく、どっちが鬱病だか、分かったもんじゃないよ。
 
私の今の認識としては、インスト・バンドをやるために、RODEOを一旦偽装解散して、私を外したという認識です。そう、いつかのAさんやYさんの○○組のように。まったくバカにしてるよね。
 
しかしながら次の二者択一は、どちらに転んでも、皆さんが恥ずかしいだけです。
 
(1)RODEO閉業は、私の鬱のせいにするか? 後付けで他の理由にするか?
(2)インスト・バンドを続けるか? やめるか?
 
私はそこまで先読みして進行しています。一応頭は悪い方ではないので。
 
私は逃げも隠れもしませんが、都合はいろいろあります。ですので、現状で空いている日時を挙げておきます。
 
■夜■
宇都宮市内にいれば、基本的に空いています。残業の少ない部署なので。ただ、土日祝の夜に関しては、
12/17(日)
のみしか空いていません。夜なら平日がお勧めです。
 
■昼■
12/2(土)15時まで
12/17(日)終日
以上が空いています。
 
よろしくご思案ください。
 
なぜ、今頃になって話し合いを持ちかけて来たのか、まずはそこから正直に話していただきたいものですね。何か都合の悪いことでも?
 
/以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルバンド「RODEO」の動向(2)

(※2017年11月16日、オリジナルバンド『RODEO』のメンバーに宛てたメールです)
 
お疲れ様です。充実したバンドライフをお過ごしのことと思います。
 
さて、2014年12月5日に辛うじてリリースした、RODEOの7曲入りアルバム、
 
「UNDER THE SKY」
 
ですが、皆さんが在庫CDを抱えても仕方が無いと思いますので、まとめて私一人が引き受けます。幸いにも、すべての枚数を裁ける見積もりと自信がありますので。
 
取りまとめ・引き渡しの手段・日程候補は、リーダーにお任せします。私はそれに応じます。
 
また、RODEOのオリジナル楽曲のうち、
 
●作詞・作曲・デモ編曲
 
が私名義の楽曲につきましては、今後は自由に扱わせていただきますが、それ以外の楽曲につきましては、私は一切触れないこととします。
 
特にノーとは言わないでしょうが、念のためのお断りです。
 
以上、併せてよろしくお願い申し上げます。
 
/以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルバンド「RODEO」の動向(1)

ロデオの演奏を楽しみにしてくださった皆さんへ
 
実は私の方から、昨年12月から毎月のように、私以外のメンバーに再始動を持ち掛けていました。ところが…
 
●12月…返信なし
●1月…返信なし
●2月…返信なし
●3月…CDの在庫が乏しくなったので、リーダーに補給を申し入れ、私と会わざるを得なく仕向けたら、ようやくリーダーのみとカフェで会談が実現。現状では他の2人がヘルプに出ているから、再始動は難しいとのこと。
 
私「オレ以外のメンバーで集まって、スタジオに入ってないの?」
リ「年明けに1回入った」
私「ロデオの曲で?」
リ「いや、インストの楽曲のコピーで」
私「なんでロデオの曲はやんないの?」
リ「・・・」
私「なぁんだ、留守を守ってくれてると思ったら、そうでもないのかぁ。ガッカリした」
 
●4月…返信なし
●5月…返信なし
●6月…返信なし
 
●7月…外部からライヴの依頼があったので伝えると、リーダーから動けないと返信あり
 
●8月…返信なし
 
●9月…外部からライヴの依頼があったので伝えても、返信なし
 
●10月…個人練習のためにスタジオに入ろうとした私と、それまでスタジオに入っていた私以外のメンバー3人と鉢合わせする。私は練習のため、その場はやり過ごし、その後に私以外のメンバーに、どういうことか説明を求めたら、
 
リ「毎月3人でスタジオ入りしているのは話したはず(→いや、毎月とは聞いていない)ロデオについては、お前の鬱病が再発すると困るから、言いたいことも言えない。そんな状況ではバンド活動はできない。だから現状では(→現状という言い方は矛盾。永久じゃなくて?)再始動の予定はない」
 
という返信あり。そこで私は、
 
「私の鬱病は再発しない。なぜならば原因を特定できたし、もはやいろいろと達観してしまったから、同様のことが起きても動じない。だから私の鬱病と再始動には、もはや因果関係はない。ちなみに私の現在の各コミュニティ活動状況はこうだ(省略)。でも、ロデオだけが様子が変で、止まったままだ。私のことは信じられず、もう組みたくないとか、ロデオにはもう興味がないというのなら、それはそれで仕方がない。だから少なくとも、私の過去の鬱病を盾にするのは、どうかやめてくれないか。再考をお願いするから、文化の日を目処に返事を待つ」
 
と投げ掛けたのですが、予想どおり返信なし。
 
四半世紀前に、ともに旗揚げしたリーダーが、私が鬱病になる前の頃、他のメンバーに対して送った、私に関する陰口メールを1通見てしまいましたが、その内容からして、それは単なる氷山の一角で、もしかしたら私に対して、思うところがたくさんあるのでしょうね(苦笑)
 
ちなみに私は、私以外の3名のメンバーの陰口を叩いたことなど、一度もありません。信じ過ぎていた私が、どうやらノー天気だったようです(苦笑)
 
/以上です


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四半世紀バンド、存続の危機!

1992年初頭に始めたこのバンド、実は今、存続の危機です。

10653787_721434067912275_6274696125
ただ今、私の思い付くだけの言い分を、メンバーに投げかけていますが、結局どうなったのか、追って真相をきちんと公開告知します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年振りの八神純子公演

【八神純子 LIVE IN 埼玉会館】
(2017.09.23/17:00~19:35)

約2時間30分のセットリストのうち、往年の名曲は以下の8曲♪

●思い出は美しすぎて
●Mr. メトロポリス
●サマーインサマー
●みずいろの雨
●Mr. ブルー ~私の地球~
●ポーラースター
●パープルタウン
●I'm a woman

公演後のサイン会での会話は、

私「よろしくお願いします…」
八「はい、お願いします…(サイン)」
私「あ、皆さん、名刺置いてってるんですね?ほいじゃあ私も~っと」
八「まぁ!綺麗な名刺♪」
私「いやぁ、それほどでも~♪…あ、『ポーラースター』で大号泣でしたよ♪」
八「まぁ!ホントに!?」
私「んもぅ、バァーッと涙が!」
八「えぇ!?これからもよろしくお願いします♪(握手)」
私「こちらこそよろしくお願いします♪」

私が大号泣したという、その曲はこれだァ!…1!2!3!

【ポーラースター/八神純子】
https://m.youtube.com/index?gl=JP&hl=ja&desktop_uri=%2F%3Fgl%3DJP%26hl%3Dja#/watch?v=bYZ3y9KNpd0

大号泣!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョン・ウィリアムズ生誕85周年記念コンサート

■ジョン・ウィリアムズ生誕85周年記念コンサート■
(2017.08.19 初台オペラシティ)

ちょうど10日前に訪問したのですが、これまた期待以上の内容でして、上演前のパンフを読んだ瞬間から、

「ヤツらは本気だ!」

と、少々たじろいだ程です。

チケットは、予約日に日付が変わる瞬間に申し込んだこともあり、座席は、

●最前列のド真ん中

を選択できました♪ リスニング・ポジションとしてはどうだろうという疑問もありますが、私としては非日常的な景色が観たいので、平素の公演鑑賞から、ヘヴィメタルであろうと、交響曲であろうと、目指すポジションは一つなのです!

Dsc00691_1600


Dsc00693_1600


Dsc00696_1600


Dsc00700_1600


Dsc00706_1600


Dsc00695_1600


さて、セットリストはざっくりとこんな感じでしたが・・・

■開演前の場外演奏■
ハリー・ポッターより『???』
EP7より『レイのテーマ』

■第1部■
LAオリンピック
ジュラシック・パーク
レイダース/失われた聖櫃(アーク)
E.T.

■第2部■
イーストウィックの魔女たち
未知との遭遇
屋根の上のバイオリン弾き

■第3部■
20世紀FOX映画ファンファーレ
EP4より『メインタイトル』のフルサイズ
EP5より『帝国のマーチ』
EP6より『ルークとレイア』
EP1より『運命の闘い』
EP2より『アクロス・ザ・スターズ』
EP3よりメドレー(『玉座の間』等、EP3以外も込み)

■アンコール■
歴代の映画音楽作曲者達に捧げるメドレー
EP1より『運命の闘い』

私自身は、冒頭の「ロス五輪」から、冗談抜きで号泣でした。それ以上は、感動しすぎて、なんもいえねー(by 北島くん)でした♪


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S君とH君

今年が23回忌にあたる故・親友のお墓参りに行きました。同行者は故・親友の奥さんと、高校時代の塾の先生(今回が初参り)でした。

墓石の調整をしている途中で、お墓の中のお骨が露骨に見えてしまって、さすがの私も一瞬固まってしまいました。

(また、来るぜ~♪)

そして夕方からは、高校1年の同窓生:H君とサシで飲みに行きましたが、H君は飲み屋の段取りが慣れているようで、全体のノリが素晴らしく進みました♪

Dsc_2826


Dsc_2823


Dsc_2821_2


Dsc_2822


(意外な楽しみ♪ また、行こうぜ~♪)

2件目は、2人で2時間ほど歌ってきましたが、本日私が歌ったセットリストは、以下のとおりです。

●あんたのバラード/世良公則とツイスト
●傷だらけのローラ/西城秀樹
●情熱の嵐/西城秀樹
●遠くで汽笛を聞きながら/アリス
●I LOVE YOU/尾崎豊
-05-
●銃爪/ツイスト
●真夏のSounds good!/AKB48
●さよならクロール/AKB48
●夏のヒロイン/河合奈保子

●恋/松山千春
-10-
●ぼくのミシシッピー/日下まろん

(以上、全11曲)


エンターテインメントランキング


全般ランキング


全般ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧